毎日新聞より

「オープンテーブル」が調査した20〜30代独身男女へのアンケート結果によれば、彼らがクリスマスにかける予算は去年と変わらず、約半数は5000円以下の予算でクリスマスを過ごしてしまうそう。
75%は去年と同等と答え、クリスマスの予定も未定または家でのんびりというようないつもと同じ派が多かったようです。
男性の7割、女性の6割がつきあっている人がいないと答え、クリスマスに彼氏や彼女のいない人は半数どころか、全体の3分の2に当たります。

クリスマスに関してはアベノミクス効果の影響はなさそうです。